2008年08月21日

退職後に必要なお金 健康保険編

 健康保険も今まで意識しなかった給与天引き分ですね。

 年金編に続き、 重要な健康保険に必要なお金です。(参考:退職実務

 mogは国民健康保険に加入する予定なので、社会保険事務所に電話問い合わせした、去年の年収(源泉徴収票)から算出してもらうと、 多分約140,000円が保険料ですね。

 約140,000 / 12ヶ月 × 7(ヶ月分) = 約 82,000

 ・・・・うーん、やっぱ自分で支払うとなると高く感じるなぁ(-。-)ボソッ

 

 退職後の健康保険は、健康保険任意継続(会社で加入していた健康保険を引き続き利用できる制度。保険料は全額自己負担となる。)か、 国民健康保険(日本人であれば誰でも加入可能。保険料は市町村によって異なる。)の選択ができるんですよね。
 じゃ、退職後どっちにするのってことになるんですが、保険料の安い方を選べば問題ないと思われます。 医療費負担は両者とも3割と変わりが無いのでね。(もちろん、一部高額医療費の件とか差がありますが、各自調べてみましょうね。)

 私の場合は、極端に今までの会社の健康保険料が高かったのでなんでかなぁ、 と思ったら休職前の給料で保険料って計算されているらしくて高額給与(残業漬けによる)に対応する保険料になっていたようです。
 ですので役所に問い合わせたら、比べ物にならないほど国民健康保険の方が安かったのでそちらにすることが確定しました。

 

 健康保険は・・・やっぱり加入しておくべきでしょうね。こればかりはいつ病気になっても怪我になってもおかしくないわけですから。 まさに保険って感じですよね。もちろん、俺は怪我しない!病気にならない!!と確信してる人は入らなくてよいと思いますが、、、 mogはそんな度胸は無いなぁ。今でさえ、病院通ってるんだしさ(笑)

ブログランキング登録中 応援クリックよろしく→ 人気ブログランキングへ
posted by mog-run at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞める
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105103397

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。