2008年08月22日

退職後に必要なお金 税金編

 所得税はさておき、住民税は続けて払わないといけませんね。

 今までは給与控除してたので、当たり前に意識してませんでした。 住民税はどう決まってるかというと前年度の年収に沿って決まっているようですね。ちなみに現在の納付額(現在:3700円) が来年の5月までは引き継がれるので、とりあえず9月〜2009年5月分を考えて

 3,700 × 9 (ヶ月分) = 33,300 円

 を確保しとこうと思います。

 それ以降のことは、それ以降考えます。まあ、なんらか仕事はすると思うんでね。 納税通知書は退職月の翌月中旬頃に通知されてくるらしいのでちゃんと支払いたいと思います。脱税はしたくないですからね(-。-) ボソッ

 

 ちなみに、住民税の仕組みは前年所得に対する税金を、当年6月から翌年5月まで月々控除されていたようですね。 ですので会社を辞めても継続して支払わなければならないんですね・・・なんで!と思って怒っても仕方ありません(笑)
 思い出して見るとわかるんですが、入社当初1年目って給与が異様によくなかったですか?なぜか2年目から減っちゃうみたいな。 そういう私もあんまり覚えてませんが・・・・

 2007年1月1日〜12月31日分所得の住民税を2008年6月〜2009年5月に支払うことになります。
 今回、会社辞めるのが8月末なので、 2008年1月1日〜12月31日分所得の住民税は2009年6月〜2010年5月まで払うことになります。 そこまでは仮にずっと働いていなかったとしても住民税はそこまで付きまとうのでちゃんと準備しておきましょうね。

 所得税は・・・所得が無くなるのでこれから支払いはなくなりますね。もしかしたら、確定申告で税金還付されるかもと言われてますが、 よくわからないのでこれから調べます。一応、年末調整が実施されないことから、その分を自分で申請するみたいですね。

ブログランキング登録中 応援クリックよろしく→ 人気ブログランキングへ
posted by mog-run at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞める
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105155967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。