2008年08月29日

退職年の税金について

 退職年の税金についても注意が必要ですね。

1.住民税

 住民税については「退職後に必要なお金 税金編」 の通り、準備が必要ですね。それまで働いていた人は支払がいつまであるか注意が必要だと思います。たぶん、 今年の所得に対する住民税を来年以降も払い続けなければならないけれど、住民税の考え方をよく理解して対処しましょう。

 

2.所得税

 当たり前ですが、退職した後、収入が無い人は所得税は支払の必要ありません。但し、年末調整を会社が行ってくれていましたので、 税金清算は自分で行う必要が出てきます。いわゆる確定申告ってやつですね。
 退職に際し、給与所得の源泉徴収票を受領できると思いますので、それを利用し、更に雑所得(給与以外の所得) がある場合はそれも含めて確定申告しましょう。

 確定申告は翌年2月16日から3月15日なのでうっかり忘れたとか無しですよ(笑) 今はネットで申請できたりしますし、 少なくともネット上で書類を作ることはできるので前もって色々調べて使ってみましょう。

 mogの場合、アフィリエイトとポイントサイト等の収入がほんの少しと為替差益(外貨)、 あと安愚楽牧場始めたんでその分が雑所得で申請必要ですね。
 今までは給与以外の雑所得で20万を超えて無かったので申請の必要は無かったのですが、 今年は退職したのでどうこういわずに申告は必須です。イーバンク銀行 のネット口座情報の1年分プリントアウトでいいのかな?分からないけど、これから調べますよ。
 ちなみに株式は特定口座にしているので問題なし(既に税金取られてる)。預金利息も利息に税金かかってるので問題なさそうです。 他には収入って・・・・無いよね。あ、一応面倒くさくなるのでポイントサイト・アフィリエイトの換金は今年はもうやめることにしました。 自動換金なのはしょうがないけど、ある意味収入を増やした分、所得として税金がかかるので来年以降で換金申請しようと思ってます。 それでも来年、就職して総収入が20万超えたら確定申告しなきゃですけどね・・・・ 今の所そこまで儲かって無いので問題ないとは思うけど一応ね!

 過去の実績としては確定申告は1回だけ。会社の貯蓄制度でとんでもなく利率が良かったときがあって(今はその貯蓄制度は無い)、 余剰資金を全部そこに入れといたら、年額で20万以上の利金になってました。 銀行と違って税金が引かれてなかったので初めて確定申告しましたよ。その年は医療費もなんかとてもかかってたので(確か、 気管支炎と皮膚関連の病気とかしてたはず)、10万以上の医療費控除と合わせてやった気がします。 記憶は定かでは無いですけど経験してるというのは大きい。不安がないです(笑)

 

3.退職金に対する税金

 一応、退職金も貰えるので税金かかるのかなと思ってましたが、よほど高額で無い限り税金はかからないでしょう。
 勤続年数×40万以下分は控除されるらしいので、mogはもちろん全額控除です。退職金は来月支払があるみたいで、 自分のメイン口座である新生銀行に振り込んでもらうことにしました。 新生銀行はセブンイレブンで24時間ATM手数料無料なので会社の激務時代に作ったんですよね。
 今は郵便局で手数料無料なのがポイントで、旅先でここにお金が入ってれば、石垣だろうが波照間だろうがどこでも困ることがありません。 郵便局が無いとこってまず無いですからね(笑) ちなみにとある方法を使ってプラチナ会員にもなってるので振込10回まで無料なので非常に使い勝手がいいです。

 

 さてさて、税金についてはまだ色々あるかもしれませんが、 mogは退職で経験的に税金手続きを知ったことでかなり勉強になりましたね。サラリーマンって・・・・なんも考えて無いよなって思いました。
 働いてる時、どのくらい税金や年金・保険料を払ってるかなんて考えて無かったもん(-。-)ボソッ

ブログランキング登録中 応援クリックよろしく→ 人気ブログランキングへ
posted by mog-run at 09:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 辞める
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。